新型コロナ等のウイルスに負けない家づくり

「新型コロナウイルス」とは、どのようなウイルスですか。

「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」はコロナウイルスのひとつです。コロナウイルスには、一般の風邪の原因となるウイルスや、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」ウイルスが含まれます。
ウイルスにはいくつか種類があり、コロナウイルスは遺伝情報としてRNAをもつRNAウイルスの一種(一本鎖RNAウイルス)で、粒子の一番外側に「エンベロープ」という脂質からできた二重の膜を持っています。自分自身で増えることはできませんが、粘膜などの細胞に付着して入り込んで増えることができます。
ウイルスは粘膜に入り込むことはできますが、健康な皮膚には入り込むことができず表面に付着するだけと言われています。物の表面についたウイルスは時間がたてば壊れてしまいます。ただし、物の種類によっては24時間~72時間くらい感染する力をもつと言われています。
手洗いは、たとえ流水だけであったとしても、ウイルスを流すことができるため有効ですし、石けんを使った手洗いはコロナウイルスの膜を壊すことができるので、更に有効です。手洗いの際は、指先、指の間、手首、手のしわ等に汚れが残りやすいといわれていますので、これらの部位は特に念入りに洗うことが重要です。また、流水と石けんでの手洗いができない時は、手指消毒用アルコールも同様に脂肪の膜を壊すことによって感染力を失わせることができます。

厚生労働省ウェブサイト「新型コロナウイルス」とは、どのようなウイルスですか。」より

新型コロナウイルスの感染予防法とは?

新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスは『エンベロープ』という脂質の膜をまとっています。膜をまとっているので強そうに感じますが、実はエンベロープをまとっているウイルスは外圧に弱く、比較的死滅しやすいウイルスです。逆にノロウイルスなど膜をまとっていないウイルスは、アルコール消毒が効きにくく、塩素系の消毒薬が必要になるほど強いのです。
このエンベローブという脂質の膜を持つウイルスは、高温多湿では生存しにくい特徴があり、その点、乾燥する冬季では加湿することが有効です。そして、ウイルスは空気中に3時間ほど生存するともいわれていますので、換気で室外に排出することも重要なのです。
一般的には、冬に快適な湿度は40~60%程度だといわれており、新型コロナウイルス感染症対策として、厚生労働省は湿度60%を示しています。

大正製薬「「換気」と「加湿」の新常識。冬の感染症対策とは…?」より
https://taisho-kenko.com/column/detail/28

藤田工務店の家は室内の湿度を50~60%に保つ家
藤田工務店の手掛ける「0宣言の家」独自のクアトロ断熱は、無垢材、漆喰、セルローズファイバーの断熱材などの総合的な調湿作用により、内部結露の発生を抑え、室内の調湿・湿度を年間を通じて40〜60%をキープします。

漆喰の強アルカリ性には優れた殺菌作用がある
自然素材100%の漆喰は、pH13もの強いアルカリ性を示します。
ウイルスが付着した直後から、ウイルスを不活化させる可能性があります。また、カビやダニが生息できるpH値は1~11までと言われているので、漆喰の強アルカリ性には優れた殺菌作用があることがわかります。

無垢材の殺菌作用
床のフローリングはもちろん、柱や梁などの構造材、屋根の下地材、造作棚など、木材を使うあらゆる部分に無垢材を使用しています。
無垢材からは、抗菌・鎮静などの効果があるフィトンチッドという匂い成分がでており、健康でいられる室内空気をつくる役割を果たしています。
ヒノキ材は抗ウイルス活性値が高い木材です。数値が高いほど、インフルエンザウイルス等の不活化に効果があることを示します。壁材や手すりなどの人の手に触れるところに使用すると、インフルエンザ等の感染拡大を抑制できる可能性があります。

参考資料
「奈良の木のこと 試験結果:ウイルスの不活化」
https://www3.pref.nara.jp/naranoki/health/result/

平成28年度「奈良の木で健康になる」実証事業
https://www3.pref.nara.jp/naranoki/Images/health/result/04.pdf

ウイルスに負けない家を!
年間を通して室内を適切な湿度に保ち、ウイルスを不活化する可能性がある。今回の新型コロナウイルスの流行とは関係なく、一貫して健康住宅の提供を続けています。
※新型コロナウイルスについては現時点で疫学的に詳細もわかっておらず、エビデンスもない為、必ずしも有効では無い可能性もあります。

ウイルス以外にも効果が実証された健康住宅
藤田工務店の「0宣言の家」は多くの医師や大学教授が賛同する「本物の健康住宅」です。
高血圧や高脂血症などにも効果があることが、星旦二教授と伊香賀俊治教授の協働研究調査により明らかになりました。
※詳しくはコチラを御覧ください http://www.zero-sengen.com/researcher

更に詳しく「0宣言の家」について知りたい方は「0宣言の家・住医学研究会」のウェブサイトを御覧ください。