クアトロ断熱
クアトロ断熱は、内部結露の発生を抑えることで、建物の耐久性を高め、住宅の長寿命化を実現します。また、アトピーの原因とされるカビ・ダニを低減し、健康的な住まいにします。さらにクアトロ断熱で建てた住宅は、内部の壁面温度のムラを少なくし、快適な室内環境をつくります。また、ヒートブリッジ現象(断熱材の切れ目に存在する柱などが熱を伝える現象)による熱損失が少なく、冷暖房効果が大幅に向上します。

1.断熱・真冬の朝、夜でも機械に頼らず暖房なしで部屋の温度を15以上をキープ

  • トイレ、浴槽など急激な温度変化がない為、血圧の急上昇による心筋梗塞や脳卒中などのヒートショックを防ぐ
  • 家の中の温度差を小さくすることにより、呼吸器系疾患や血圧上昇など健康障害を防ぐ

2.調湿・湿度を年間を通じて40〜60%をキープ

  • 湿気によるカビ、ダニの繁殖を防ぐ
  • 乾燥による様々なウイルスを防ぐ

3.蓄熱・一度温めた熱を逃がさない

4.遮熱・太陽熱を反射して壁に熱を伝えない

  • 真夏の室内の温度は、機械に頼らず25以下

セルロースファイバー(incide pc)

  • 壁内結露0の充填断熱、カビ、ダニの繁殖を防ぐ
  • 断熱効果が高い、グラスウールと比べ4割も優れている
  • 調湿効果が高い、湿気が多い時には湿気を吸い込み、乾燥時には湿気を吐き出す呼吸する断熱材
  • ホウ酸(ボロン10)を23%も含んでおり、防火、防虫、防カビ効果が高く火をつけても燃えない、99.7%のゴキブリ駆除、アリ、シロアリも同様
  • 防音効果が高い
  • 100%大豆インクを使用した米新聞紙の古紙、ホウ酸(ボロン10)、食塩よりも6.6倍安全

ネオポール(EPSボード)

  • 通常のEPSボードは特号から4号の中で「断熱性能」か「透湿性能」のどちらかを優先するが、ネオポールの場合4号の透湿性能を保ち、従来の断熱性能を3割向上させ、特号レベルの断熱性能を持つ
  • 南極の昭和基地にも使用され、長期の使用にも関わらず、断熱性能が失われない
  • 軽量で作業効率が高く、低コストである上性能が高い
  • 自己消化性を持ち、国土交通省の防火認定30分認定を所得
  • ノンフロンで高い安全性をもち、環境保全にも配慮した断熱材

スペイン漆喰(モルセムダーP)

  • 100%無機物の漆喰素材のため、高い調湿性能をもち、夏は温度を下げ、冬は湿度を保つ
  • ほとんどの漆喰には、樹脂や接着剤が使用され(塗りやすくするため)本来の性能が失われる
  • 主成分が消石灰、強いアルカリ性であるため雑菌の繁殖を抑え、汚れが付きにくく、消臭効果などが期待できる

セレクトリフレックス

  • 中空セラミックにより日射反射率72%の遮熱材。従来の塗り壁材との温度差は約30度中空セラミック=NASAがスペースシャトルを打ち上げる際に大気圏の熱を断熱するために応用
  • 柔軟性、透湿性があるため、割れたり、剥がれ落ちたりしにくい。家の中の湿気を外へ排出する
  • 骨材はライムストーンという天然石を使用。アルカリ性なので、素材自体に自浄作用があるため、汚れても雨や風で汚れが落ちる
  • ピュアアクリルを使用しているので耐久性、透湿性に優れるピュアアクリル=アクリル本来の防水性、耐久性、遮熱性、弾力性が非常に高い
  • 表面にアクリル膜を形成し、汚れなどにも強い外壁となる。
    (高圧洗浄でほとんどの汚れが落ち基本的に塗り替えは不要)

株式会社 藤田工務店【本社】
〒410-0873 静岡県沼津市大諏訪 505-1
TEL.055-923-3869(代表) FAX.055-922-9910